体にある問題は専門の医療機関に任せられる

検便をする

検便検査の平均的な価格は、検査項目で違います。

調理従事者には、定期的な検便検査が義務づけられています。病院や福祉施設だけに限らず、食品を扱う業種のほとんどが該当します。大量の調理等を行う施設などでは、月に1回以上の検便検査に加え、ノロウィルスなどの検査項目も多くなり、かなり厳しいものになっています。 検便検査の平均的な価格は、腸管出血性大腸菌O157を含む3項目の基本セットで700円です。また、O157以外の腸管出血性大腸菌3項目を加えた価格は、1000円となります。さらに、冬期間に検査が求められることもあるノロウィルスは、検査方法により2500円と8000円の2種類があります。 このように、食中毒を出さないために重要な検査とはいえ、検便検査は調理従事者全てに及び施設等の経費負担は馬鹿にできない金額になってきています。

団体割引もありますが、相場の半額以下で検査する機関もあります。

少しでも経費削減をしたい施設等にとっては、検便検査も安くしたいところです。検体が多ければ、ほとんどの検査機関で団体割引を適用してくれます。 ところが、最近は相場の半額以下で検査を受け付ける機関もあるようです。全国から大量の検体を引き受けることで、コストダウンができるからです。検便検査の受け付けなどの営業事務部門を専門とし、複数の検査機関と提携することからも価格ダウンが可能になっています。また、インターネットでの受け付けを行ない、人件費の大幅な削減もしています。 このようなシステムを利用すれば、相場の半額以下で検査をすることができます。施設によっては月1回以上の検査が求められる今、安く検査ができる機関を見つけることが求められています。