体にある問題は専門の医療機関に任せられる

誰もが通る道

女性の更年期とは、個人差はとても大きいのですが、閉経期の前後1年くらいの時期をいいます。女性の卵巣は、30歳を過ぎたありたから徐々に衰えてきます。卵巣の機能が止まった時に、閉経を迎えるのです。もしかして更年期かなと感じる時期は、人によって長い人もいれば短い人もいます。 卵巣の機能の低下とともに、女性ホルモンが作られなくなってしまい減ってきます。その過程を経て、閉経となるのです。 閉経時期は、人によって差はありますが大体50歳くらいといわれています。 この体の変化により、女性の生殖機能は失われることになります。妊娠や出産、子育てという時期が終わり、次の人生の過程に進むことでありごく当たり前のことなのです。

更年期は、女性が誰でも迎える大事な時期です。卵巣機能の低下で女性ホルモンが少なくなり、やがて閉経となります。 30代を過ぎたころになったら、更年期を迎えるための準備をして過度に不安にならないことです。そのために正しい知識をもっておくことがとても大切なことです。 更年期を迎えるころにはいろいろなサインが出てきますが、普段と変わらない生活をしていくことです。 体の調子をみながら無理をしないで生活して大丈夫です。 食生活を気をつけて、サプリメントでカルシウムや抗酸化ビタミンをとることもよいことです。ビタミンDやAなど、大豆の大豆イソフラボンもよいといわれています。 バランスのとれた食事と規則正しい生活に心がけた生活をしていけば、更年期は乗り越えることができるのです。