体にある問題は専門の医療機関に任せられる

リハビリも必要

脊柱管狭窄症の治療には手術代だけではなくリハビリ料金も踏まえて考える必要があります。

脊柱管狭窄症とは脊椎管が狭窄することによってさまざま神経症状が起こり痺れ、疼痛、歩行障害、排尿障害などを引き起こすものをいいます。症状の軽い初期の段階では薬剤や注射などの保存療法で治療可能な場合がありますが、症状の改善がみられない場合、症状が増悪する場合には手術が進められることが多くあります。手術の種類によって料金は異なりますが、腰部脊柱管狭窄症の場合は約14〜20万円、頚部脊柱管狭窄症の場合は23〜30万円が相場になっています。一見高いように見えますが高額医療費制度があるのである程度料金は返ってきます。しかし、この脊柱管狭窄症の治療にはリハビリを必要とする場合がありリハビリ料金は追加で払う必要があります。

治療には手術だけでなくリハビリも大切です。

脊柱管狭窄症の治療には今まで様々な方法がとられてきていました。近年は手術の技術が進歩してきたこともあり重度の症状がみられている場合でも改善の余地があります。しかし、昔も今も一貫して言われているのはリハビリの必要性です。頚部・腰部の脊柱管狭窄症の場合は痺れなどの神経症状に加え、痛みにより活動性が低下することで筋力低下が起こり日常生活をおくることが難しくなる場合があります。そういった場合、体の筋力を増強する筋力増強訓練や動作を安楽に行う為の動作訓練が必要になります。また、頚部や腰部の負担を軽減するための体操や日常生活においての動作指導を行います。これは手術を行った方にも同様に処方され治療に役立たれています。